nijiken

ロックバンドRainbowを研究するブログとしてスタートしましたが、幅広い話題を取り上げたいと考え、ブログタイトルを変更しました。

ディープ・パープルはハードロックでレインボーはヘヴィメタルの始祖

ハードロックとヘヴィメタルの違いとは?

多分明確に定義することは不可能と思われる。

 

ヘヴィメタル

・ギターの歪みが激しい

・ドラムが縦ノリ

・ボーカルがハイトーン主体

・ベース、ギター、ドラムがユニゾンで疾走する

・ブルース感がない

・展開がドラマチック

・メタル一筋で多様性がない

 

ハードロック

・ギターの歪みがナチュラ

・ドラムが横ノリ

・ブルース感がある

・時にジャズっぽかったりファンキーだったり、フォークだったりと音楽性が広い

 

ディープパープルはレッドツェッペリンに比べると縦ノリと言われがちであるが、イアン・ペイスのドラムプレイは明確にスイング感がある。ロジャー・グローバーのベースは引き出しが多く何でもこなせる。

リッチー・ブラックモアのギターの歪みも2期までは非常にナチュラル。(第3期の音はレインボー初期に近い)

音楽性は案外広く、プログレ、ブルース、フォークからファンクまで手がけていることを忘れてはならない。

 

ところが、レインボーにおけるコージー・パウエルのドラムは完全なる縦ノリ。歴代ベーシスト達の影が薄いのもドラムのツーバスが前面に押し出されているためと思われる。

コージー&リッチー&ロニーの3頭政治は、パープルが発明した、クラシカルかつドラマチックなソロパートを更に磨き上げ、「様式美ロック」というジャンルを作り上げたと言える。

 

以上のことからレインボーの音楽性はディープ・パープルとは大きく異なり、非常にヘヴィメタル的であると考える。

 

ディープ・パープルはハードロックの帝王、レインボーはヘヴィメタルの始祖である。

 

レインボー初来日45周年記念『レインボー・オン・ステージズ』発売

最近になって色々出てくるようになったレインボー関連アイテム。

レインボー初来日45周年記念 「虹」の新説ライヴ全史本『レインボー・オン・ステージズ』発売 - amass

「レインボー」の歴代ツアー(1975-2019)に関し、現存する音源/写真/映像資料を洗い直して新たにその全容に迫る「虹」の新説ライヴ全史本(全368頁)が、彼らの初来日から45周年となる記念すべきタイミングで登場

 

流石にこれは買いですな

 

レインボー1stアルバムのリズム隊は良い

最近、改めてレインボーの1stアルバムを聴いている。

今になってリズム隊が良い!と感じるようになった。特にクレイグ・グルーバーのベースは最高にカッコいい。この人のスイングしたベースは2nd以降のコージーのプレイとは多分合わない。

ゲイリー・ドリスコールのドラムの音は垢抜けていないが、ベースと一体感がありスイングしていて、直線的で硬い印象のコージー&ジミーよりも気持ち良く聴ける気がする。

前は断然コージー支持だったのに、こういう印象の変化の理由は自分が歳を取ったからだろうな…

産業カウンセラー試験勉強中

6月に行われる産業カウンセラー試験の勉強に追われている。

産業カウンセラー資格は民間の資格で比較的合格しやすいという話を聞いていたが、範囲は広いし、国家資格のキャリアコンサルタントに比べて試験の情報が少ないため、勉強するのも結構大変である。

 

とりあえず頑張るしかない…

マッカートニーⅢはシリーズ最高傑作

昨年末に発表された「マッカートニーⅢ」は賛否両論あるが、個人的にはシリーズ最高傑作だと感じている。流石に歌声は年相応なベタつき感が気になるが、楽曲的にはやりたい事を素直に音にしてくれた爽快感がある。

ポールといえば稀代のメロディメイカーとしての認識が高いが、実は繰り返しを多用したシンプルな楽曲にこそ真骨頂があると思う。

 

こんなに長い間、現在進行形で作品を発表してくれて本当に感謝!

 

 

 

 

A Light in The Black

今更ながら「A Light in The Black」をコピーしている。

この曲は、ギタースコアがほとんどなかった気がする。(一回だけどこかで見たような記憶がある)

今だったらWEBでいくらでもtab譜があるので本当に楽。

 

弾いてみて、やっぱりレインボーというバンドの偉大さを改めて感じた。

弾いてこそ感じる展開の素晴らしさ、シンプルながら見事な作曲術がある。

 

完コピは無理ながら休み中にマスターしたい。

ディープ・パープルと吹奏楽の親和性

【コラム】そして女子高生は、聴いたこともないディープ・パープルを吹く | BARKS

吹奏楽とある程度接点があった人は、一度は聞いたことがあるのではないかと思うほど、レパートリーに取り上げている学校が多い。

 

「BURN」〜「Highway Star」〜「Smoke On The W ater」という構成となっていて、特に「Highway Star」はギターソロもガッツリ入っている。

 

パープルの名曲が日本において、今も意外な伝わり方をしていることは大変感慨深い。

ロジャー・グローヴァー自伝執筆中

ロジャー・グローヴァー、ロックダウンにより自伝の執筆を本格化 | BARKS

これは何気に楽しみ。

持たざる者の思いを爆発させるのか?

それとも穏便な内容になるのか?

興味津々ですね。

アルカトラスの新ボーカリストがドゥギー・ホワイトに

アルカトラスが分裂、グラハム・ボネットがこの先について声明発表(BARKS) - Yahoo!ニュース 

かなりシュールな状況。

言ってみれば

ポール・マッカートニーのいないウイングス

ジョン・レノンのいないプラスティック・オノ・バンド

マイケル・シェンカーのいないMSG

みたいな。

 

 

 

 

 

ジューダス・プリースト「ペインキラー」のベースはドン・エイリーがムーグ・シンセサイザーで弾いていたことが判明

ジューダス・プリースト『Painkiller』でベースを担当したのはディープ・パープルのドン・エイリーだった - amass

ジューダス・プリースト「ペインキラー」のベースはドン・エイリーがムーグ・シンセサイザーで弾いていたことが判明。

今までバレなかったのはバンドが隠していたこともあるが、やはり注目度が低かったのか…